家政婦との違い|独身リーマンが語る家事代行サービス!使ってみたらすごく便利だった

家政婦との違い

リビング

最近流行りだした家事代行ですが、これってあのサービスとはどう違うの?という疑問を持っている方もいると思います。

例えば、数年前ドラマでも話題になった「家政婦」と家事代行の違いは何なのでしょう。
家政婦は、家政婦紹介所などで利用者が特定の家政婦を雇い、そこで雇用契約を結びます。大抵は住み込みで働いてもらうことになるので、その分のスペースを確保しておく必要があるでしょう。

一方、家事代行は契約を交わすのは家事代行スタッフではなく、スタッフを雇っている会社です。
よって、サービスが気に入らなければスタッフを別の人に変えることも可能です。家政婦ほど密接にかかわらないため、余計なトラブルが起こらないのが特徴です。
また、家政婦ほど常に家事をやってもらう必要がない場合には、家事代行の方がお得です。

掃除面に限って言うと、「ハウスクリーニング」との違いを気にされる方もいます。
ハウスクリーニングは、エアコンなどの汚れのうち、素人ではできない取扱説明書に書いていない範囲まで掃除をしてくれるプロです。
一方、家事代行は取扱説明書に記載してある範囲内での掃除になりますが、スポンジや洗剤など、掃除に必要となるものはスタッフが用意してくれます。

また、機械掃除に関して知識があるスタッフが来てくれるので、機械が壊される心配もありません。万が一物損事故があった場合には、会社が保険に入っているところを選んでおくと安心です。